凌駕
火入れ。お米の味、香りをかなり強く感じるお酒で、甘みが目立ちます。
墨廼江
生詰め。冷酒だと苦味、酸味が目立ち、食中酒向き。燗にするとまろやかになりおすすめです。
来福
火入れ。愛山使用の割には安いこのお酒。ファーストインプレッションは甘く、そこまでキレることもなく消えていきます。バランスの取れたお酒だと思います。
水芭蕉
火入れ。淡麗辛口系のお酒だが、ほんのりとフルーティーなフレーバーが漂い、クセがなく飲みやすいです。
ニセコ
北海道のお酒。火入れ。香りはあまり無く、お米由来の甘さがグッと伝わってくるタイプのお酒です。
文佳人
火入れ。硬派な辛口かと思いきや、ピーチ系のフルーティーな香りで、味はしっかり辛口。意外と食中酒じゃなく、単独で飲んだほうがある美味しいかも。
花の香
火入れ。桜花。甘さたっぷりだけど、変な甘みは残さずにキレる。非常に完成度の高いお酒です。生酒も飲みたい。
賀儀屋
スッキリ系。あまり特徴はない。フルーティーで辛口です。
千徳
淡麗系で、ほぼ水のような印象。香りはパイン系。キリッとキレていきます。
三芳菊
生酒。めっちゃフルーティー。甘みはあまりなく辛口です。パイナップル感。
薩州正宗
純米。酸味を感じつつ辛口にキレます。
黎明
ザ本醸造という感じだけれども、スッキリしていてクセがなく辛口で美味いです。