自然郷
楽器正宗と同蔵の別ブランド、自然郷。なんと表現していいのかわからない、未体験の爽やかさが鼻を通っていき、スッキリと消えていく。とても美味しい。やっぱりこの蔵すごいなぁ。
松美酉
生酒。干支の絵があるので、正月用のお酒のようです。竹のような生酒特有の香りが特徴的。甘みは少なめで旨味苦味で攻めてくるお酒です。クセは少なく飲みやすい。
田酒
言わずと知れた有名銘柄、田酒。季節限定品は飲んだことあるけど、定番品は初めて。淡麗でスルスル飲める。ほんのりフルーティーで、酸味もあり、甘味苦味は控えめです。
村祐
生酒。和三盆のような甘さと言われていますが、個人的には濃厚なキャラメル味の印象。他の日本酒にはない独特の甘味で、個性は際立っています。一回は試す価値のあるお酒。
田光
生酒。淡麗だが、ほんのりと果実感がたり、じんわり甘さが入ってくる。派手さは無いが、堅実に美味しいお酒。
豊盃
生酒。銘柄と同名の豊盃米をつかったお酒。生酒特有のフレッシュ感は強い。ただ甘味が抑えめで、かなり苦味が主張してくる。冷酒はイマイチか?→熱燗にしてもそこまで甘みがでない。難しい酒だなぁ。
町田酒造
生酒。ラベルに合わせてキャップまで緑なのが印象的。フレッシュ→甘味→極上のキレ。誰が飲んでも旨いのは当たり前。
開運
生酒。とにかくフレッシュさが際立ち、メロン感がある。ガス感は無し。甘みを感じるが、後味はスッキリと辛口。美味しいです。
雪の茅舎
生酒。日本酒をまだよく知らないときに飲んで感動した記憶がある。思い出補正もあるのか、今回はそこまでの衝撃は感じなかったけど、じわじわと優しい甘味、りんご系の香りがして旨いです。
咲耶美
群馬のお酒、咲耶美。微発泡でシュワシュしつつ、フレッシュな甘味を感じたと思ったら、突然ドライになる。評価が難しいお酒。→開栓後は酸味が際立ち、いい感じの食中酒になってきた。
大信州
生酒。淡麗&フルーティーで、スーッと体の中に入ってくる。磯自慢とかと近いかも。味は辛口ですが、軽いガス感があるので飲みやすいです。良酒です。
あべ
生酒。新進気鋭の新潟のブランド、あべ。ファーストインプレッションは完全にぶどう。そこからはドライにきっぱりとキレていく。食中酒としてとても良いです。他のラインナップも試してみたいなぁ。