オーク樽貯蔵で赤みがかった珍しいお酒。とにかく酸味が強く、甘みも少ないので、ドライでスッキリと飲めます。それでも白ワインぽさはなく、あくまで日本酒感があるので、面白いです。
臥龍梅
火入れ。飲み口はさっぱりだけど、舌の上で転がすと濃厚な旨味と甘味がねっとりと主張してくる。あんまり得意では無いタイプかなぁ。
かなえ
生酒。難しい漢字なのに、ゆるい顔文字になってるのが面白い。第一印象はとにかく甘いなーという印象。嫌な甘ったるさや日本酒感はなく消えていくので、甘口党にはおすすめ。
刈穂
おりがらみ無濾過生原酒。旨味がしっかりと乗っていて、力強いタイプ。これが火入れだったら飲み難しさが出ちゃいそうですが、生酒のフレッシュさでうまく補っている。良酒です。
雁木
生酒。以前飲んだ際は硬派な酒だなぁという印象でしたが、思っていたより全然華やか。後味は苦味もあり辛口よりですが、全体を通してとてもバランスの取れてる良酒だと思いました。
火入れ。おだやかの名前通りとても優しい味のお酒です。甘みはじんわりありつつも、酸味でスッキリと飲めます。フレッシュ感があるタイプではないですが、飲みやすいです。
真野鶴
生酒。新潟の酒ということで、クラシックな淡麗辛口をイメージしてたら裏切られた。口の中に華やかさがぱーっと広がり、スッキリとキれる。モダンな辛口酒といった感じでとても美味しいです。
夏といえば
アル添の夏酒。まず外観の爽やかさが素晴らしい。こんなん買いたくなるに決まってる。甘さはしっかりあり、ドライに爽やかフィニッシュ。ラムネ系夏酒のお手本のようなお酒。
亀甲花菱
生酒。甘旨系でしっかりと印象に残るタイプ。口に含んだ際のクラシックな印象は若干気になるものの、甘さがあるので飲みづらさはないですね。
信濃鶴
火入れ。淡麗でスッキリととても飲みやすい。ほんのりとした甘さがありつつ、やや苦味を残し消えていく。料理の邪魔を全くしない、控えめな名脇役です。
佐久の花
アル添。要冷蔵の記載はあるけど、生酒ではないのかな?嫌なアルコール感はなく、ラムネ的なスッキリさ。ほんのり甘さからのドライ加減が心地よいです。
五十嵐
生酒。きたしずく使用の水色ラベル。発泡感が結構あるので開封注意。フルーティー、フレッシュでまろやかな甘味を感じる。ただ後味はドライなので、飲み疲れしない。とてもよく出来てるお酒で、美味いです。