二兎
生酒。口に含んだ印象としては、かなり濃醇な味わい。その後は旨味をたっぷり感じさせ、じんわりと消えていきます。ラベルに書かれている通り、バランスを追求した味となっていると思います。
亀泉
生酒。人気のあるパイン系の香りの日本酒。花陽浴的に甘く残ると思いきや、すっきりとキレます。単独でも良いですが、食事にも合わせられると思います。
篠峯
生酒。うすにごり。スパーリングの表記はないが、かなり発泡感がある。生酒全開のフレッシュさが訪れた後、辛口でキレる。貴のスパーリングがこんな感じだった気がする。美味しいです。
勝山 縁
仙台の酒、勝山。特別純米クラスなのに箱有りだったり、特殊な瓶形状だったり、コストがかかっている。甘い酒というイメージだったけれども、こちらはバランスの取れたフルーティーな飲みやすい酒という印象です。
農口
高いので手を出してなかった銘柄ですが、本醸造が手頃な値段で売ってたので入手。アル添らしいきれいなお酒で、甘さと辛さ両方をしっかり楽しめます。美味しいです。
磯自慢
静岡のお酒といえば磯自慢。純米。淡麗で水のように透き通ったお酒だが、非常に上品なフルーティーさがあります。とても美味しいです。ただ価格が高いのがネック。
たけみち
生酒。酔ってたので記憶があやふやなんですが、とにかく美味しかったイメージがあります。
菊鷹
杜氏移籍のため、今年で終売になるという菊鷹。酔ってたのであまり覚えてないが、ラベルの昭和感とは裏腹にモダンな味の印象だった。
小左衛門
火入れ。フルーティーさを感じさせつつ、とにかく甘さが際立つお酒。濃醇さも強いので、少しくどさは否めない。
姿
無濾過生原酒。ファーストインプレッションはめっちゃ甘いなと感じるが、最後はキレて辛口で終わる。シロップ系日本酒。
酔鯨
生酒。ラベルのくじらが可愛い。味は結構強めの辛口で、辛口党にはおすすめのお酒。でも割と飲みやすいと思う。生酒ですが、熱燗にしても美味かったです。
よえもん
生酒。東北のお酒ではありますが、四国徳島の山田錦を使っているようです。味はとてもスタンダードでクセがなく、生酒っぽさが味わえます。