松の司
火入れ。酸味、苦味が目立つタイプのお酒で、淡麗で飲みやすいです。食中酒としてよろしです。
白隠正宗
静岡のお酒。淡麗辛口でスーッと入っていき、ゴクゴク飲めてしまうお酒です。
七田
有名銘柄ですが、初めて飲みました。苦酸系ですが、バランスがよく取れていて、どんどん飲み進められそうな感じです。生酒がでたらまた飲んでみたい!
大那
県内の五百万石を使った栃木のお酒です。わりとよく名前を聞く銘柄な気がします。甘辛のバランスが取れていて、スタンダードなひやおろしといった印象です。
岩の井
千葉の御宿のお酒。房総半島大好きなので、応援したい。味はキリッと辛口に切れますが、淡麗ではなくお米由来の甘さも感じます。酒米ごとにラベルの色を変えて醸してるようなので、飲み比べしてみると面白そう。
而今
大人気銘柄の而今。特段目立った特徴はないが、フルーティーでとても飲みやすく、人気がある理由は分かります。文句無しで美味しいです。
鳩正宗
青森のお酒です。苦味と酸味が目立つタイプで、燗で輝くタイプです。
南部美人
酒未来使用。ラベルが和紙で高級感あり。パイン系のフルーティーな香りが印象的。雑味がなくクリアで、しっかりとキレます。値段は高めですが、美味しいです。
遊穂
石川県の酒蔵で、県産の能登ひかり、五百万石を使用。辛口でキレがあるが甘味、旨味があり、奥深い味です。
山形正宗
雄町。新政を彷彿とさせる酸味を前面に押し出した味。甘辛のバランスが取れていて美味しいお酒です。
国稀
北海道のセブンイレブンで購入。香りはほとんど無し。辛口でクセがなく非常に飲みやすいです。淡麗辛口のスタンダードモデル。
男山
北海道のカップ酒。純米。名前的に辛口を想像していましたが、とてもバランスの取れた味でめちゃくちゃ飲みやすかったです。アリですね。