黒龍
生酒。とにかく甘いなーという印象。割とクラシックなテイストかな。生酒っぽさを味わいたい人にはおすすめ。
写楽
おりがらみ生酒。絶対にうまいやつ。甘味がしっかりとあり、葡萄系のフルーティーな香りで楽しみ、それでいてくどさはない。一升瓶が余裕で空く。
天美
何かの話題のこのお酒。微発泡が心地良い。あまり主張は激しくなく、少しの甘みを残しつつ、さわやかに消える。食前酒に良さそう。
火入れ。フルーティーでしっかり旨味が乗っている。日本酒特有の飲みづらさはほとんどなく、何を飲んでも美味しいかなりレベルの高い銘柄であります。
奈良萬
ひやおろし。適度に熟成感があり、旨味たっぷり。そこまでの飲みづらさはない。しっかりと日本酒の旨味と向き合えます。
花邑
火入れ。香りは甘い感じでイメージ通り。味は飲みやすいが、意外と甘過ぎず、ピリッとする部分もある。生酒じゃない分甘味は減ってるかな。
風の森
生酒。露葉風50。おしゃれモダン酒の代表。甘すぎず、シュワ感があり、スッキリ。コスパも良いし、最高のお酒。
土田 イニシャルF
火入れ。酸味のボリューム感がものすごい。山廃でもあるので、旨味もかなり感じる。インパクトが凄いので、まずは試飲をお勧めしたい。
鳴海
生酒。休蔵の話がありましたが、杜氏が変わって継続するようです。ラムネのような爽やかな甘さが特徴的で、初心者にもお勧めしたいお酒。
花巴
生酒。花巴といえばどっしり濃厚なイメージだったが、この酒はそんな事ない。とにかく柑橘系の酸味が目立っており、スッキリ飲める。好き嫌いは分かれそう。
御前酒
火入れ。見た目はクラシックですが、味はモダン。フルーツ感は無いタイプで、竹系のスッキリした香り。辛口で何にでも合いそうです。
十四代
無濾過生原酒。とてもフレッシュ。鼻に抜けるラムネ感。甘旨系の現代日本酒の教祖的存在。ただ今だったら、苦労して十四代を飲まなくても、美味しい酒を飲めるのは事実。