雅山流 極月
無濾過生詰。純米大吟醸しずく取りの最高スペック。雑味は全くなく、するりと入る。フルーティーで優しい甘味があり、優等生な味です。
乾坤一
火入れ。特別純米。辛口酒ですが、フルーティーさたっぷりでとても美味しい。どの温度帯で飲んでも楽しめるお酒です。
酒屋八兵衛
無濾過生原酒。メロン、ラムネ系のフレッシュな香り。酸味、甘味がメインで、苦味はほとんど感じさせない。生酒のお手本のようなお酒。
いぶき
無濾過生原酒。舌の上を心地よい甘味がスルスルと滑っていきます。ラストもうまくまとまっていて、気持ちよく飲める酒です。
美酒の設計
雪の茅舎のレア酒、美酒の設計。山田錦を100%使用してるところが、定番品との違いらしい。味の系統は変わらずで、ほんのり甘さを感じさせ、苦味を残しながら消えていく。軽めの酒質。美味しいけど、定番品との違いはそこまで感じないかな?
雨後の月
無濾過生原酒。ガリガリ君のラムネ味かな?と思うほど、甘めの香りがある。口に含んだ瞬間はジューシーで甘味が広がるが、フィニッシュはしっかりと辛口。味の変化を楽しめます。→開栓翌日で味がなめらかになり、飲みやすくなっていた。
Ohmine
カップ酒。このサイズがあるのはとても嬉しい。ブドウの様な香りから、酸味強めで甘辛に消えていく。白ワイン的な味わいで、完成度の高いお酒。
津島屋
生酒。ほんのり甘く、じわーっと入ってくる感じのお酒。雪の茅舎とかと近いかな?純粋に美味しいお酒です。
出羽桜
生酒。山形の出羽燦々を使用し、麹菌・酵母も県内産にこだわった一品。淡麗・辛口・フルーティーの三拍子で飲みやすく、万人受けのお酒です。
五(five)
五橋の別ブランド、five。ラベルはお洒落でモダンな印象。しかし口に含んでみると、濃醇で甘味・旨味がありクラシックなイメージ。ただ酸味があるので、それでもスッキリ飲める。他のカラーはまた味が全然違うみたいなので、また試してみよう。
菊姫
生酒。ザ・クラシックという感じの味わい。甘味、旨味が強く、濃醇でガツンと来ます。この手の酒はあまり好みではないんですが、その中では飲みやすい方だと感じます。
光栄菊
生酒。菊鷹さんの杜氏さんが造る新しいお酒。味は違うという前評判を聞いてましたが、傾向は似ていると思いました。強めの酸味で、重めの酒質をスパッと切っていく菊鷹を、よりモダンに飲みやすく、アップデートした印象です。とても美味しいです。