寒紅梅
火入れ。フレッシュさを感じつつ、甘さもあり、辛口にキレる。ほどよくバランスの取れているお酒です。
あたごのまつ
生酒おりがらみ。甘系を期待したいが、味は意外とスッキリ辛口。苦味も、フレッシュさもある。食中酒として飲みたい生酒。
萩の鶴
火入れ。すごいスッキリはしつつも、フルーティーさは感じさせ、辛口でキレる。非常に飲みやすく、単独でも、食中でも活躍できそうです。
大観
火入れ。IWC2019ゴールドメダル。生酒?と思うくらいのフレッシュさがあふれる。その後はしっかりとアルコール感のある濃醇な味です。レベルの高い酒だと思いました。
宮寒梅
生酒。おりがらみ。果実感が凄まじく、酸味甘味が押し寄せてくる。ただ後味はしっかりとキレる。とても美味いです。日本酒苦手な人に飲んでみてほしいお酒。
義侠
生酒。生酒ならではの青竹のような爽やかな香りから、結構ざっくりとキレます。単体でもいけるけど、どちらかというと食中向きかなぁ。
龍神
火入れ。無骨な名前とは裏腹に、フルーティーで酸味、甘味があり、雑味がなく非常に上品な仕上がり。美味いです。
五橋
生酒。待ってましたと言わんばかりの、ジュース的日本酒。甘くてグイグイいけて美味すぎます。
石鎚
ひやおろし。渋めの名前、ラベルだが、味はスッキリ、フルーティーで酸味も感じられ美味しいです。
やまとしずく
難読銘柄の代表格。ひやおろし。アルコール感は強いが、りんご系のフレッシュな香りが味わえます。
土佐しらぎく
高知のお米と酵母で作られたお酒です。とてもフレーティーでフレッシュ。非常に飲みやすく、美味しいです。
天狗舞
山廃純米酒。お猪口に注いだところ、色が茶色がかっていたので、これはガツンとくるタイプだと覚悟。想像通り濃醇な味で、じんわりと口に染み込んでいくタイプです。私の好みのタイプではないかなぁ。